事務所を作る

賃貸事務所よりも安く利用できる

事務所を借りて開業をしていけれど、借りるには最低でも50万円以上はします。それは敷金や礼金、前家賃などです。さらに、一般の賃貸事務所はスケルトンの状態で貸しますので、借りた当初は何もないので家具や備品などを搬入するのに引っ越し業者への依頼、その備品の購入などさまざま経費が最初からかかってしまいます。それが、レンタルオフィスであればパーテーションで区切られただけの安いスペースであれば3万円から5万円程度で借りることができます。このように格安で利用することができ、仕事をするうえで必要な備品、デスクやチェアなどはあらかじめ用意してい有りますので、購入してから搬入してといった手間が省け短期間で開業できます。

レンタルオフィスの注意点

安価な費用で利用できるレンタルオフィスですが、デメリットもあります。それは、信用の問題があります。レンタルオフィスにしてもバーチャルオフィスのタイプもあります。そうなると振り込め詐欺で利用されるケースも多いので、さらには開業してから年数が経過していないとあまり世間は信用をしてくれないとなります。また、事業で融資を受ける際もレンタルオフィスということで実態がないともみられてしまうこともあります。また、レンタルオフィスはコストが安くできるという反面、さまざまなオプションサービスをつけるとさらに料金が高くなってしまうということです。そうなると賃貸マンションを借りたほうがよいということになりますので、コストを考えてレンタルオフィスを利用すると良いです。